×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

チョコレートダイエットとは

チョコレートダイエット方法とはカカオが70%含まれているチョコレートを食前の空腹のときに食べることです。チョコレートを食べることによって満腹を感じることが出来るのでダイエット効果が期待できます。さらにチョコレート自体にもダイエット効果が期待できる成分が含まれているのです。チョコレートに含まれているカカオにはポリフェノールも含まれているので、血液をサラサラにして基礎代謝をアップしてくれます。
チョコレートを食べることによって血糖値が一時的にアップします。それが中枢を刺激して満腹感を得られるのです。しかし、チョコレートダイエットだからといって、チョコレートだけを食べれば痩せるというわけではありません。反対にチョコレートを食べ過ぎてもよくありません。チョコレートはカロリーが高いので、食べ過ぎることによりダイエットどころか、太る原因になってしまいます。また、どんなチョコレートを食べても良いわけでもありません。

チョコレートダイエット方法の実践上の注意

チョコレートダイエット方法に挑戦するときに、注意することがあります。カカオアレルギーの方はチョコレートダイエットをしてはいけません。当然ですよね、カカオが含まれているのですから。もうひとつは、チョコレートダイエット方法を実践している時にも食事はきちんととることです。食事の量を取るという意味ではなくて栄養バランスを考えて食事を取ることです。
チョコレートダイエット方法を実践していると食欲が減ってきますから、普段と同じ食事の量は食べられなくなります。ですから、少量でも栄養のバランスがとれる料理を考えて食べてください。
チョコレートダイエットを成功させるには、間食やおやつは控えることです。そして、カカオの含有率が高いものを少しずつゆっくりと食べましょう。チョコレートダイエットに限らずダイエットを成功させるのコツは、継続することです。チョコレートダイエットの効果が現れる前に、他のダイエット方法に目移りしてしまう方が多くいらっしゃいます。

チョコレートの身体によい効果

チョコレートを食べることによってダイエット以外にも体に良い効果が期待できます。
カカオポリフェノールは動脈硬化などの成人病の防止効果がありますし、花粉症対策の効果、ストレス解消の効果などがあります。チョコレートに含まれているカカオバターにはコレステロールを減少させ足り、ピロリ菌効果がある成分のオレイン酸が含まれています。チョコレートのカカオ豆にはテオブロミンが含まれていてリラックス効果が期待できます。
この他にも、心臓病の予防効果、体の老化予防効果、肌のかゆみ予防効果などがあります。そして、以外名ことにチョコレートには虫歯予防の効果もあるそうです。
カカオ含有率が70パーセント以上のチョコレートは安くはありませんが、チョコレートダイエットの効果を最大限に引き出すには必要です。カカオの含有量が少ないと、チョコレートを食べる量が多くなりすぎます。そのためにカロリーオーバーになってしまいます。

Copyright © 2008 チョコレートダイエットで絶対痩せる